レーザーで刺青を除去した私の体験談

右肩に刺青を入れてしまいました

若気の至りで、右肩に刺青を入れてしまいましたが、結婚をすることになり、背中が開いたウエディングドレスを着ることになったため、刺青を除去することに決めました。
刺青除去の方法には、皮膚を取り除いたあとに、周囲の皮膚をのばしてつなげる切除法と、レーザーを照射して色素を薄くしていくレーザー治療があります。
色が入っているような場合には、効果が現れないため、切除法が選択されますが、紺や黒の刺青ならレーザー治療が効果的です。
私の場合は、黒の刺青だったので、レーザーでとることができました。
治療を受ける前に不安におもっていたのは、痛みでした。
ただ、体験談などを見てみると、耐えられないほどの痛みを感じた人はほとんどいなかったこともあり、範囲も小さかったことからそれほどの痛みはありませんでした。
施術当日、どれほどの痛みなのかを想像して緊張していましたが、施術前に麻酔クリームを塗布していたので、ちくちくする痛みだけで、耐えられないほどではありませんでした。
レーザーによる除去は、1回ではきれいにならないので、3ヶ月に1回のペースで、数回通いました。

右肩に刺青を入れてしまいました結婚が決まってすぐに除去することを決めた刺青除去には信頼できる医師を選ぶこと